薬剤師の転職と仕事の募集

病院の勤務での良かったこと

病院の勤務での良かったことは、最先端の医薬品を常に取り扱うので、学びと技術力が高まります。
それに未承認の薬剤を扱う地検などの時には、新薬の効果を間近で見えることができますので、それも役得ということになるでしょう。
そう考えてみると、最初から大きな国立病院に就職をすれば、もっと学びは多かったような気もします。
とはいえ、やはり民間病院には、民間なりの良さと学びもありました。
民間病院とは言え患者さんの数は多かったものですから、常にスピードと正確性は求められていました。
処方箋の記載の薬剤と数字を間違いなく袋に入れて、患者さんに手渡すたびに説明をするのがメインですし、地下の薬剤部で処方箋の詰める作業も毎日の日課でした。
今考えてみますと病院での仕事は、薬剤師ではありますが、その仕事内容は体力勝負のような部分が大きかったです。
その上で収入が少なくて、立場的な圧力もあったので、疲れてしまったわけです。
でも調剤薬局の募集で転職をしてからは、穏やかな仕事環境にかわりました。
薬剤師の資格を活かして働くには、やはり環境もすごく大事なものです。

薬剤師の転職募集を探し始めた / 日勤だけだとじつは給与は期待ができません / 病院の勤務での良かったこと