薬剤師の転職と仕事の募集

日勤だけだとじつは給与は期待ができません

薬剤師の転職募集を探し始めた / 日勤だけだとじつは給与は期待ができません / 病院の勤務での良かったこと

ちなみに最初の頃は、年収は300万円ほどでしたし、それはしばらく続きました。
病院で勤務をするということは、日勤だけだとじつは給与は期待ができません。
これは病院の選び方次第なので、夜勤がある病院であれば、その分だけ手当が加算されます。
夜勤の病院勤務は結局しませんでしたので、収入は少ないままでした。
でも夜勤勤務の手当は良いものなので、年間で計算をしても、50万円位の手当になるのでいい値段です。
病院の働き方として長く勤務をすれば、そのうちにチャンスがめぐり、薬剤部長になるとか、薬局長などのポジションについた暁には、お金の待遇もそれなりになります。
お金も入りますし、権利も与えられることになります。
私は民間の病院でしたので、そのチャンスもなかなか来ないまま、薄給で働いていたので、高収入とは縁がありませんでし他。
でも告知角病院に勤務をしていたら、扱いは公務員になりますし、ある程度の地位も上がれば、年間の収入は800万円を超えることもあったはずです。
まず病院での就職を考えるときには、民間病院か国立病院化の選択から始まりますし、運が良く国立病院に入れば、そこからの収入は期待ができることになります。
なんとなく世の中の、サラリーマンと似ているところがあります。
頑張った分だけ収入も高くなるという、国立の病院にはそんな期待もあります。